フラッシュ シーズン3見ました。

フラッシュ・ポイント

フラッシュシーズン3見終わりました。全23話、意外と長かった……

ネタバレになってしまいます。

シーズン2のラストでズームを倒したフラッシュ(バリー)は自分の子供時代にタイムスリップして、敵であるリバースフラッシュの魔の手から母親を救い出します。
もとの時間塾に戻るといろいろな所が変わってしまっているというところから始まります。

これをフラッシュ・ポイントって言うらしいです。

何が変わっているかというと、新しいヒーロー、キッドフラッシュの登場が一番大きかったかな、キッドフラッシュはフラッシュことバリーの仲間であるウォリーです。
結局シーズン3の1話目でウォリーが敵にやられてしまい、変化させた時間軸の現代ではウォリーが死んでしまうと判断して再び過去に戻り、リバースフラッシュに母親が殺されていしまっている時間軸に戻すことになりました。

正直、フラッシュ・ポイントの世界でシーズンを続けるのかと思いましたが、1話目であっさりと終了してしまいました。
でもシーズン通してフラッシュ・ポイントの影響は続くのです。

ヒーローが沢山

ヒーローが沢山出てきたのも嬉しかったです。もちろん真紅のスピードスターフラッシュ、キッド・フラッシュ、ジェシー・クイック(アース2のフラッシュ)、あとシスコのバイブとアース19のジプシー(シスコと同じ能力)……くらいかなそんなに多くないか……

メインの敵は鎧を纏ったサビター、ラスボスですね。ずっと鎧を着ているので正体はわかりませんが、最後の方で正体が明かされます。正直ここが面白さの頂点でしたね。あとはちょっと失速したかな……という部分もありました。

また途中でインベージョンというクロスオーバーイベント、フラッシュ、アロー、スーパーガールが集って一つの敵と戦うイベントがありますが、これは前編で終わって後編はアローで続くって感じでした。アロー見なきゃ……アローって敵を殺すからフラッシュとかスーパーガールに比べるとちょっと暗いかなぁ……ってところがあってシーズン4の途中で止まっています。

DCドラマで一番驚いたのが、スーパーガールってアース19の人なんだってことです。DCもMARVELも多次元の世界を扱っていて、同じ平行世界が沢山あるってことなんです。

アース1は感覚的に今我々がいる世界だと思うのですが……フラッシュ、アローがいます。
アース2にはジェシー・クイック
アース3にはヘルメットを被ったフラッシュ(ゴールデンエイジフラッシュ)
アース19にはスーパーガールですね。(確かアース19)

うる覚えなので間違っていたらごめんなさい……

と多彩です。いろいろなヒーローが出てくるとすごく嬉しい!!ちなみにゴールデンエイジフラッシュの役者さんは90年代のドラマ版フラッシュの主役の人ですね。タイムリーにビデオレンタルで見ました。

ヴィラン(敵)

僕敵にはシーズン1のリバースフラッシュが最高でしたね。正体がわかっているんだけど敵なの味方なの?って感じで好きでした。シーズン2のズームもなんとなく正体がわかって来てッていう感じで……この時に多次元世界(マルチバース)の話が本格化してきました。正直そんなのあるのっと思いながらなれると当たり前にマルチバースを受け入れられるようになります。
シーズン3の敵は、サビター、その部下アルケミー、アルケミーの正体は意外と衝撃的だったかな?あとケイトリンがキラースノーになったり……あんまり印象的な敵はいなかったかな……

シーズン3体と全く相関図がわからないのでつまらない事確実ですが、シーズン1から見るとドキドキハラハラでも安心なヒーロードラマなので、アメコミドラマ初心者の方にもおすすめです。

スポンサーリンク
レンタングル
レンタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル