シークレットを観ています。

Netflixにあるシークレットという2006年のドキュメンタリーを観ています。

昔ネットで観たことがあるのですが、改めて観てみるといろいろと発見があるなぁなんて思ったりして。

シークレットとは所謂引き寄せの法則ってことです。

引き寄せというのは思えば何でも手に入るという理論です。何でもというと語弊があるのかな?

個人的には引き寄せの法則というよりLaw of Attractionという英語名が好きです。

アトラクションを調べると「引きつけること、吸引、魅力、人を引きつけるもの、呼び物、アトラクション、引きつける力、魅力のあるもの、牽引(けんいん)、引力」weblioより

そもそも何故こんなことを気にするようになったかというと、車に乗っている時、特に急いでいる時でした。前にのろのろ運転の車……今は入ってこなくてもいいじゃないかというくらいの割り込み……信号の赤と不測の事態が続いたわけです。急いでいる時にね。マーフィーの法則じゃないけどこれってもしかして自分で呼び寄せている?と思った時になにか理由があるんじゃないかと思ったわけです。調べていくうちにやっぱり似た法則があるんだ……というところに行きつきました。

何故こんな事を書いているかというと、そのシークレットを観ていると、人間を構成しているのを突き詰めていくと、エネルギーの振動ということを言っていたんです。すでにその辺は調べて理解していたのですが、やっぱり面白いなと感じました。つまり自分という人間はエネルギーの集合体で、エネルギーは似たエネルギーを引き寄せるという事みたいです。だから似たエネルギーを持つ人と仲がいいとかあるのかな?そこで思い浮かべました。海外ドラマで、「お前の心の中にはいい犬とわるい犬がいる、どちらにエサをあげるかはお前次第だ」っていう感じのセリフがあったんです。これが意図するのは、いい犬にエサをあげていい犬を成長させることを示唆している、と思います。そうすることによりいい事が起こるに通じるのではないか、もしくはその主人公が善として人を救うことに通じるのではないかと思いました。ここで言いたいのですが、このたとえ話、間違えがあります。わるい犬は存在しません!犬は全部いい犬なんです。

シークレット面白いですよ。本当にその法が存在するかしないかは別にしてお勧めです。

アマゾンプライムの「アメリカンゴッズ」というドラマを観ていた時に、こういうセリフがありました。「神はその存在を信じる者がいるから存在する、今は信じない時代、だから神がいない」っていう感じのでした。詳細は間違っているかもでも言いたいのは信じるから存在するってことですよね?では何を信じる?Law of Attractionですか?

スポンサーリンク
レンタングル
レンタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル