BLOGはじめました。アプリのリンクもあります。

改めてブログを始めました。

このドメインで一度作ったのですが、サーバーのデータベースを弄ったりしていたらおかしくなってしまって、再度作り直しではないのですが、気を改めて始めました。

時間ができたら使用しているグラフィックソフトの使い方とかも載せていきたいなと思います。

AndroidとiOSでアプリをリリースしています。広告付きの無料アプリです。

下記リンクから飛べます。

Google Play(Android)
https://play.google.com/store/apps/developer?id=kuromame

App Store(iPhone)
https://itunes.apple.com/us/developer/kenji-motohashi/id1203556156

App Storeは本名ですね……しかも英語サイトだし……
App Storeでの本名表記はこれ仕方がない事なんです。もう1年くらい前のDeveloper登録したので忘れてしまいましたが、法人以外個人で開発している人は個人名での登録しかできないので、本名です……
くろまめと名乗っておきながら本名丸出しなわけです。

なんだかんだでいろいろ見てみるとアプリ紹介していただいているサイトがあったりして感謝感謝です。
今現在は脱出ゲームを作っています。前作GreenDoorという脱出ゲームの経験を踏まえて製作しています。

製作サイドの脱出ゲームの個人的なコツとしては……

①簡単に
これは自分はわかっているし何度もテストをしているから簡単だと思ってもプレイする人からしたら難しいかもしれません。というか難しく思える可能性が非常に高く感じるので簡単にすべきだと思います。かといって簡単すぎても駄目ですけどね。意地悪が無いのがいいと思います。)

②タッチ幅を大きく
脱出ゲームは怪しいところをタッチしてアイテムなり何なりを探してクリアしていくゲームなので、そのタッチ幅が例えばそのアイテム自体の大きさだと小さい時があるので、大きめにタッチ幅を設定する必要があります。
もちろんこれは数値入力の際も該当しますね。タッチ幅が狭いとストレスになりますし、評価が下がると思います。ちなみにGreenDoorの時はこれに該当してしまって……直すには時間がかかりすぎるので、直していませんが、今作っている脱出ゲームのタッチ幅は大きめにしました。

これくらいかな?

スポンサーリンク
レンタングル
レンタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル